top of page

G7 サミットで市民社会の平和構築を優先するよう書簡に賛同しました

「中東和平に向けた連合」(Alliance for Middle East Peace / ALLMEP)というC7に参加している団体がG7に対して書簡を送り、一般社団法人かたわらも賛同団体として、名を連ねました。

本書簡は、平和構築プロセスの不可欠なものとして、また、イスラエルとパレスチナの戦争を終わらせる実行可能な道筋にとって不可欠なものとして、市民社会の本質的な役割を明確に示しており、C7がG7に対して、平和プロセスに市民社会を含めることの重要性を強く訴えています。すでに160以上の団体が署名しています(5月7日時点)。

下記リンクから署名全文をご確認いただけます。






以下は、Deeplにて、AI翻訳したものです。(5月8日付) ALLMEP に参加して、G7 サミットで市民社会の平和構築を優先するよう G7 リーダーに呼びかけましょう


2024 年 4 月 30 日

G7政府首脳の皆様、


中東平和同盟(ALLMEP)を構成する160を超えるイスラエルとパレスチナの平和構築組織、およびこのコミュニティと連帯するその他の組織を代表して、私たちは本日、次期G7首脳会議に文言を盛り込むよう求める書簡を送ります。コミュニケは、イスラエル/パレスチナ紛争を終わらせるための実行可能なプロセスの不可欠な部分として、市民社会の平和構築活動の重要性を強調している。


私たちがこれまでに見たことのないレベルの暴力、トラウマ、破壊を背景に、私たちは皆さんに対し、これまでに試みられたことのないより包括的な方法でイスラエル/パレスチナ紛争に取り組むよう求めています。


長年平和を擁護してきた私たちは、最近の恐ろしい、しかし避けられる暴力紛争の激化は、国際社会が市民社会の平和構築の取り組みを適切に支援できていないことの明らかな兆候であると見ています。相次ぐ学術研究のおかげで、イスラエル人とパレスチナ人の間に有意義な関係を築き、両国民の平和、安全、平等への共通の取り組みを前提とするこのようなプログラムが、紛争を煽る態度や信念を混乱させ、逆転させるものであることがわかっています。


平和を持続させるためには、ゼロから構築しなければなりません。しかし、これまでのイスラエル・パレスチナ外交には「ボトムアップ」戦略が欠如していた。外交的取り組みを確実に成功させるためには、今回は指導者間のトップダウン交渉とイスラエル人とパレスチナ人の社会レベルでの平和構築プロセスを一致させなければならないが、過去数カ月にわたる前例のない暴力によるトラウマと二極化を考慮するとさらに重要になっている。


そのため、私たち、イスラエルとパレスチナの市民社会の平和構築者、そして世界中のパートナーは、プーリア・サミットが多国間支援と市民社会の平和構築の新たな中心性、より複雑な問題に依存しない合意の優先事項に関する新境地を開くことを推奨しています。現在議論されており、分断と遅れが生じています。具体的には、G7首脳に対し、紛争解決への協調的かつ多国間アプローチの一環として、G7諸国およびその他の歓迎パートナーが市民社会の平和構築に協力することを約束する文言を首脳コミュニケに盛り込むことを推奨する。具体的には、カルテット、国連、およびいくつかの G7 加盟国の最新メッセージと G7 を連携させる以下の文言を挿入することを推奨します。


「私たちは、市民社会の平和構築努力に対する支援を緊密に調整し、制度化するために、多国間で、そして他の国際パートナーと協力するというコミットメントを確認します。そのような努力が、交渉による永続的なイスラエル・パレスチナ和平に必要な基盤を構築するためのより大きな戦略の一部であることを保証する。」


外交協定を支持し維持できる、イスラエルとパレスチナの重要な数の個人やグループがなければ、持続可能な平和はあり得ません。私たちはあなたの返信と、平和とイスラエルとパレスチナのパートナーシップを支援するという決意を歓迎します。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page