top of page

昨年のG7サミットのバトンを繋ぐため、C7サミット2024に(ローマ)に渡航します

こんにちは。

一般社団法人かたわらの高橋悠太です。

.

昨年は、日本でG7サミットが開催され、首脳会談は広島でした。市民社会は核兵器廃絶のために、声を届けました。首脳会談では、核なき世界を目指す「広島ビジョン」が出されたものの、課題が残りました。気候変動、難民問題、ジェンダー不平等など他の課題も山積しています。

.

今年のG7は、イタリアで6月に開催されます。

それに先駆けて、5月14日(火)・15日(水)にイタリア・ローマで「C7サミット2024」が開催されます。それに向けて、昨年も尽力された「元G7市民社会コアリション2023」の有志で、「G7サミットに日本の市民社会の声を届けるプロジェクト」を立ち上げました!その一環で、一般社団法人かたわら代表理事の高橋悠太も、C7サミット2024に、「元G7市民社会コアリション2023有志」として、渡航いたします(カクワカ広島共同代表と兼任です。)



.

C7の概要と、ご一緒する堀内葵さん、稲場雅紀さん、有坂美紀 さん、プロジェクトメンバーの新田 英理子 さん、木下 聡 さん、松原 裕樹 さん、木内真理子さん、渡部朋子さんら(いずれも肩書は省略)のメッセージはこちら

.

高橋は次のように話しています。

「私は、昨年C7サミットに初めて参加して、市民社会が結集することで、私たち市民の意見が世界に届くことを実感しました。私たちの地球は、今、緊急治療室にいます。昨年の議論を引き継ぎ、日本からの声を世界に届け、よりよい社会をつくるために、さらに議論を深めます。その様子を現地から日本に発信します。

私は、日頃は、仲間たちと核兵器をなくすために、広島や全国の議員と会ったり、地方議会からの意見書採択を働きかけたりしています。帰国後は、それを基に日本政府とも対話していきます。この渡航を通して、国内外の様々な課題に関心を寄せてもらえたら、うれしいです。【G7サミットに日本の市民社会の声を届けるプロジェクトを応援してください!】」


.

イタリアに渡航し、帰国後も各地で報告会を行ったり、政策提言するための資金が必要です。80万円を目標にクラウドファンディングを行っています。よりよい社会をつくるために、「G7サミットに日本の市民社会の声を届けるプロジェクト」を応援してください!

クラファンはこちらから。https://congrant.com/project/hnpoc/11720

.

5月9日、広島で被爆者やNGOのみなさんとの意見交換を予定しています。そのほか最新情報は、高橋悠太のSNSや、G7市民社会コアリションのHPで発信しています。ぜひご覧ください!












閲覧数:22回0件のコメント

Comments


bottom of page